人気No.1整体サロン 東京都稲城市矢野口 京王相模原線・京王よみうりランド駅前 整体・リフレクソロジー・ヘッドフェイシャル ナチュラルブレッシングス ココロも身体もリフレッシュ!

Column

旅行記⑭ 金沢・能登半島の旅(Part3・能登半島~金沢 後編)

IMG_7058IMG_7071

IMG_7065IMG_7063

IMG_7066IMG_7068

IMG_7069IMG_7070

 

こんにちは!! 緑に囲まれた 東京都稲城市矢野口 京王相模原線・京王よみうりランド駅 徒歩2分 腰痛・肩こり・頭痛・眼精疲労・足の疲れ・冷え性・不眠解消 整体リフレクソロジーサロン natural blessings (ナチュラルブレッシングス) オーナーの原嶋です。

 

【part 3】

『3日目の続き』

輪島市内で朝市とキリコの見学を終えた私は、前日に金沢市内で借りたレンタカーで半島の先端の方向へドライブします。 今回は時間の都合もあり、最先端までは行きません。

「白米千枚田 しろよねせんまいだ」を見学しました。海になだれ込む斜面に、小さな水田が階段状に連なっています。 お天気が良く雲ひとつ無い青空でしたので、コバルトブルーの海の色ともマッチをし、まさに絶景でした。

残したい日本の故郷(ふるさと)の景色だと思いました。 有名な人達も棚田のオーナーにいらっしゃいました。(^^)

 

IMG_7074IMG_7072

 

続いても能登半島の景勝地のひとつ「見附島 みつけじま」に行きました。見附島という名は、弘法大師・空海(こうぼうだいし・くうかい)が布教活動のために佐渡島からやってきた際、最初に目に付いた(みつけた)島である事から名付けられたと言われています。

見附島は自然がつくりだした高さ28m・幅50mの岩でできた無人島です。島までは石を集めた道で渡ることができます。澄んだ晴れたには、はるか遠くの立山連峰ものぞめます。 周辺の浜辺は「えんむすびーち」と呼ばれ、縁結びの鐘があり写真の撮影スポットになっていました。私も鐘の前で写真を撮ろうと思ったのですが、観光客が多かったのでやめました。(笑 また島の形が軍艦に似ていることから、別名「軍艦島」とも呼ばれています。

 

IMG_7090IMG_7077

IMG_7082IMG_7079

IMG_7084IMG_7083

IMG_7092_LIIMG_7091

 

そして今夜の宿でもある北陸地方・屈指の温泉地、和倉温泉に向かいます。♨ 私達は「加賀屋・能登渚亭」に宿泊しました。

創業は今から110年以上前とのことです。 そして全国の旅行会社が投票する「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」で1980年(昭和55年)~2015年まで36年連続「総合おもてなし部門で日本一」に輝きました。 2017年に再び1位に返り咲き、2018年と2年連続で総合1位とのことです。

また、ここの旅館は、しょっちゅうテレビの旅番組やテレビドラマのロケ地として使われています。

料理・お風呂・そして加賀屋スタッフの真心がこもった「笑顔のおもてなし」と三拍子そろっていました。 館内も豪華絢爛(ごうかけんらん)で素晴らしかったです。

私達が泊まった「能登渚亭エレベーター」の吹き抜け空間には、1階から12階までの一面全てに「加賀友禅の優美な花模様」が飾られていました。 エレベーター内と、客室階の廊下から眺めることができました。

← うう~ん残念、写真に収めておけばよかったです。

本日はここまで。 Good night! ☆☆☆

 

IMG_7101

IMG_7098

IMG_7094

 

『4日目』

いよいよ最終日を迎えました。加賀屋さんの「きめ細やかなおもてなし」に酔いしれ、ココロも身体も大満足の私は、金沢へ戻ります。和倉温泉から高速道路を経て約1時間の道のりです。11時半ごろに金沢市内へ到着しました。🚗

東京へ向かう新幹線の出発時刻は16:50です。 時間があるので、最後に市内でまだ見ていないスポットを見学しようと思います。

その前に腹ごしらえをします。 ランチ後の散策は初日と同じく市内循環バスを利用したのですが、荷物を持ち歩きながらの見学は嫌なので、まだレンタカーは返却しません。 駅前・日航ホテルのパーキングに入れておきます。

そしてランチは、日航ホテルで「アフタヌーンティー」を楽しみました。 優雅な雰囲気の中、美味しく頂きました。☆☆(^▽^)♬♫

 

IMG_7107IMG_7110_LI

IMG_7117IMG_7119

 

ランチを済ませた私達は、駅前から市内循環バスに乗車し、まずは金沢市民の台所「近江町市場 おうみちょういちば」に向かいました。

ここ近江町市場は300年の歴史があり、プロの料理人も通う金沢市民の台所となっています。

新鮮な鮮魚を始め、青果や乾物などのお店が軒を連ねていました。 そして市場内には、かなりの数の飲食店もありました。 少ないですが、精肉のお店もありました。

そして人も多く活気がすごかったのが印象的でした。(^O^) 輪島の朝市もそうでしたが、歩いているだけで楽しい場所でした。

 

IMG_7124IMG_7125

IMG_7129IMG_7144

IMG_7140IMG_7130

IMG_7137IMG_7131

 

近江町市場から再び循環バスに乗車し、いよいよ旅の最後の見学場所となる「長町武家屋敷跡 ながまちぶけやしきあと」に行きます。

実は今回の旅で1番行きたい場所でもありました。(^^)/~~~

金沢随一の繁華街である「香林坊」というバス停で下車します。ちょうど金沢城の西側にあたるエリアとなります。バス停の周りには大きなショッピングモールや老舗の東急ホテル、日本銀行・金沢支店、北國新聞社などがありました。現在でも金沢市の中心地である事がうかがえます。

その香林坊地区の裏側、日本銀行や金沢東急ホテルの建物の裏側に長町武家屋敷跡があります。長町は藩政時代に中級武士の居住地だった界隈です。

武家屋敷のエリアに入ると、タイムスリップをしたかの様な感覚におちいりココロが落ち着きます。 土塀や長屋門は藩政当時のままだそうです。

そして、武家屋敷跡の中でも有名な「野村家」を見学しました。

こちらの野村家は、フランスのミシュラン刊行のガイドブック「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」にて2009年3月、金沢市内では2つ星に選ばれました。 最高位3つ星は兼六園・もう一カ所の2つ星が金沢21世紀美術館、1つ星には金沢城の石川門が選ばれているそうです。

さらに野村家庭園が、米国の庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング誌」が2003年に初めて実施した日本庭園ランキングにおいて、島根県の足立美術館、京都府の桂離宮に次いで第3位に選ばれました。

 

野村家の公式サイト⇒ http://www.nomurake.com/

 

IMG_7146IMG_7150

 

長町武家屋敷跡をゆっくり見て回った私達は、香林坊からバスに乗車し金沢駅前へ戻ります。そしてホテルに駐めておいたレンタカーを返却して、駅の構内へむかいました。

「はくたか号」でゆっくりと東京へ・・・。🚄

 

History,beautiful and powerful sea,deep Kaga cuisine and fresh seafood,tradition and beauty,heart of hospitality. I came to love such Kanazawa city and Noto peninsula more and more!

歴史、綺麗で迫力ある海、奥深い加賀料理と新鮮な海の幸、伝統と美、おもてなしの心。そんな金沢と能登半島が、ますます大好きになりました。

 

おしまい。 The end

 

『旅行記⑫ 金沢・能登半島の旅(Part1・金沢市内観光 前編)』 はこちらをクリック

『旅行記⑬ 金沢・能登半島の旅(Part2・能登観光 前編)』 はこちらをクリック


ご予約・お問い合わせ 042-379-9536
営業時間 10:00〜20:30(最終受付 19:30)月曜日・祝日 定休

東京・稲城市 整体・リフレクソロジー

京王相模原線・京王よみうりランド駅 徒歩2分

南武線・矢野口駅 徒歩10分